2日から行われていた青森ねぶた祭りも、いよいよ夜の海上運行と花火大会を残すのみとなりました。賞をとったねぶたは、観光施設で1年間保存、展示されますが、ほとんどのねぶたは祭り終了後、解体されます。

 

上の写真、LEDライトつきグリーティング・カード「ねぶたのかけら」は、実際に運行したねぶたの彩色和紙を加工して作ったものです。

本格的な照明もありますが、ちょっと手が出ないので、私はこれをねぶた期間中飾って楽しんでます。

 ルビー

 

 

うわ〜きれい🎵

ルビーさん、ステキですね!

 

今年のねぶた大賞は、竹浪比呂央さんの複雑な細工です!

祭りが終わったら、ワラッセに展示され、そして、ねぶたのかけらになるかも?

跳ね人の女性は、腰巻きの長さで、年齢が何となくわかります〜 

定位置に向かって歩いている頃は、まだ明るく、号砲を合図に一斉に鉦太鼓が鳴り響きます。

 

ひま

 

 

 

ねぶたの海上運行です。 お祭りもはじまると、あっという間に終わりですね。

余韻を楽しむ かけらのあかりも素敵(^^)

葉っぱ

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM