午後になり、ルピナスに影が差してきました。

特別例会作業のために、市民館を利用しています。

 

 

 

 

 

 

今年は、今日の絵本 を通じて多くの本に再会、新たな出会いになっています。

絵本は読む年代で、ずいぶん感じ方も違うものですね。

 

感情が揺れ動きます〜〜〜

 

 

 

 

市民館の窓からは、休耕田とそれに続く里山が広がって見えます。

みどりがきれいきれい! ほっとします。

 

十和田市にあるルピナス園は、今が盛りです、今月中にいけるかな〜〜

 

 

 

ひま

 

きいろいかさ

2013年のテーマは韓国絵本でした。6月の例会報告ブログ(非公開)からの抜粋です。

今日の絵本を取り上げています。

 

***************

ブルーグレーに黄色が映えるすてきな表紙です。


実はこの絵本は文字が無く、その代わりにページごとのピアノの曲で絵本の世界を感じ取れる構成になっており、そのため、聴覚や言語、視覚障害等を持つ若い世代のための、優れた「バリアフリーの絵本」としても知られています。

作者のリュウ・チェスク(柳在守)は1954年ソウル生まれ。まさに私達と同世代。

代表作は...
「山になった巨人」
「ノルブとフンブ」

そして、「きいろいかさ」のピアノ音楽は韓国気鋭の音楽家シン・ドイル。
「きいろいかさとあまつぶ 序奏」から始まる絵本、どれも心に響きます。
絵本のページを心に描きながら、目を閉じて聴いても...。

 

*************

 

このあと、きいろいかさの音楽をページをめくりながら鑑賞!とてもとても素敵な時間でした!

 

この年は韓国料理を作ったり、新大久保へ研修旅行!?もしました。お土産はたしか、フェイスパック(*^_^*)と韓国のスプーン🍴

 

お隣の国には、良い絵本がいっぱいです!!

 

ひま

 

2000年に会員みんなで作成した、絵本カレンダーです。

懐かしいです〜🎵

 

 

今日の絵本 あかいふうせん は6月です。

12月は、アドベントカレンダーでした。

毎日開けるのが楽しみだったなあ〜🎵

 

お好きな絵本をお家で、カレンダーにしてみませんか。

一年間楽しめます💕  ひま

 

2016年度の絵本の会のテーマは、

「かこさとしの世界」でした。

 

まずは、青森県立図書館の蔵書検索をしてみると、12ページにわたるたくさんの本がありました。

お馴染みの本も、はじめての本も、その幅の広さと冊数に驚きました!!

 

 

私たちは1年間、12のテーマに分けて、それぞれの興味のある所から、担当しました。

 

1 「行事と暮らしの本」  2 「かがくの本」  3 「からだの本」  

4 「こころの本」  5 「社会の本」   6 「技術者についての本」  

7 「あそびの本」  8 「ほし・うちゅうの本」  9 「たべものの本」

10 「おはなしの本」  11 「美術の本」  12 「紙芝居」

 

毎回 発見がいっぱいで、学ぶことばかり。 でも、なにより 楽しかった! 

かこさんのお人柄が伝わりました。

 

かこさんのふるさと 福井県越前市にある かこさとしふるさと絵本館 らくも 訪ねましたよ。 

こちらの報告は又に。       葉っぱ

                                                  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の雨が夜まで続き、しっとりとした朝です。

あまつぶが宝石のようです。

きょうから6月、青森も季節が変わります!

 

 

                                                                                                                                                                                  ひま

 

2004年7月の風のはこんだおはなし会

 

テーマは「おはなしおべんとうばこ」

5月25日の本 「ぼくのおべんとう」「わたしのおべんとう」

5月28日の本「ちゃんとたべなさい」も読み聞かせしていましたよ。

 

アイウエオの木絵本の会のホームページ

(ehonnokai.com) のリンクに、

宮城県美術館を追加しました。

リンクでは、これまで研修旅行などで出かけた

美術館などを紹介しています。 

のぞいてみてね*

 

 

葉っぱです。

 

先日、仙台に用事があり出かけたついでに、

宮城県美術館に行ってきました。

 絵本のひきだし「林明子原画展」


原画を見る楽しみは、作家の思いや息遣いが感じられ、絵本を読んでいた時は気づかなかった、楽しい発見があります。

今回も「はじめてのおつかい」や「とんことり」など、いっぱい発見!

みんなに教えたくなってしまいます。

4月5日に紹介した「とんことり」、かなえちゃんに届いたおてがみは、ちゃんとおてがみの紙が貼ってありました!^^

また、林さん作の 大きな こんのぬいぐるみも座っていましたよ。

 

また、宮城県美術館のアリスの庭には、

新宮晋の彫刻もあります。

 「時の旅人」です。

 

この日はやさしい風の日、周りの木々と呼応しながら、ゆっくりと動いていました。

 

また、絵本「おおきなかぶ」の絵でも有名な、

彫刻家 佐藤忠良の記念館もあります。

常設作品クレーやカンディンスキーなども、

魅力的です。

 

 

 

我が家のちいさな木、十和田湖奥入瀬生まれです。はっぱにはまだ産毛が残っています。苔もふかふかしてきましたよ。葉っぱ



そこは、困ります!

ひまの庭では、シロヤマブキの ちいさな木 が増殖中です。あ〜、きみの運命はひまの手中に!!

おかあさんの白いお花は、とても優雅なのですが〜🎵

葉っぱさんのぶなちゃんのように、シロヤマブキちゃんになってみる??

【絵本の中のおいしいもの】

 

毎年テーマを決めて 絵本を楽しんでいる絵本の会ですが、 

2007年度のテーマは「絵本の中のおいしいもの」でした。

5月の紹介絵本もありました❗    当時の会報とおもいでアルバムから。

 

5月15日の「にんじんのたね」

 

 

5月20日の「はらぺこあおむし」

 

 

5月21日の「いちご」

 

 

葉っぱです

「365日絵本をひらけば」のホームページ開設から間もなく2か月です。

「今日の絵本はなに?と、楽しみにしてますよ。」とか、「この本、我が家の本棚にもあったよ。なつかしい〜」などのお声をいただき、励みになります。うれしいです。 これからも絵本時間をご一緒に。 

このブログでホームページにさらに情報をプラスしていきたいと思います。 

  ホームページのアドレス  ehonnokai.com


 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM