葉っぱです。

びっくりです。数日留守にしていたら、にょきにょきが❕ ブナちゃんの苔に〜〜

まるで、今日の絵本「もこもこもこ」だね〜*


ひまです。

小さな秋が来ているのね〜💕

もこもこにょき!

外のシラカバの切り株は、ひらひら むにゅむにゅ リーンリン

 

 

 

ひまです。

先月の市民館の窓のヘレン!

蜘蛛の巣は、上手く映りませんでしたが、真ん中にいます!

蜘蛛の巣が有ると、お掃除していないみたいに思います、、、よね?

これは、悩ましい問題です! 

私たちの地球は、人間だけのものではないと理解はしていますが〜この場所は、マズい!

 

こちらは、庭のヘレン。

大きな蜘蛛の巣ですね。去年の9月の写真。秋が近くなると、あちこちのヘレンをみることができます。

今日の絵本で、ヘレンの秘密公開中〜🎵図書館でぜひ手に取ってみてくださいね!

 

葉っぱです。

絵本の会の宝物を紹介しましょう。

今日の絵本「ぼくらの地図旅行を読んで、それをヒントに、絵本の会の子ども逹が青森市浅虫の温泉町を地図旅行。1995年の夏、地図とカメラを手に、たくさん発見しました。帰ってからは編集会議をひらき、子ども逹の発案で、すてきな絵巻絵本に仕上げました。

みんなの笑顔が、なつかしいですね〜

みんな覚えているかしら✨

 

 

 

 

 

 

 

ひまです。

懐かしいですね〜 

そして、なかなか素晴らしい出来です!

この時の持ち物は、使い捨てカメラやフィルムカメラ、紙の地図でした。

今だったら、スマホ画面とにらめっこかな?

こっちだよ〜と子どもたちに教えられているかも?

 

絵本では、濃縮された簡単な本質を語られる事が多いと感じます。

生活用品の変化はありながらも、本質は変わらず!💖

 

 

葉っぱです。

毎年のことですが、またまた天井まで届いてしまいました!我が家の観音竹です。

家人から、なんとかならないの〜ジャングルだ!といわれています。

 

今日の絵本「はちうえは ぼくにまかせて」のトミーに依頼しなくては!!

トミーのような鉢植えへの愛情が足りないのでしょうか・・・ついのびのびと育ててしまいます。

多肉植物もお願いします〜

 


ひまです

鉢植えのお世話は、トミーを推薦します。

今年の夏休みは、家の事情でどこにもでかけませんでしたので、お世話をお願いしませんでした。

色も変わって、弱っています。

夏休み中に、トミーに相談しなくては!

去年は、こんなに元気でした!

真ん中に有るのが私のポトスです〜🎵

サンスベリアは、形が変わりましたが、まだ元気ですよ〜🎵


「365日絵本をひらけば」今日の絵本は、「ありとすいか」です。

すいか大好き💕まるごと食べたいというかたに。青森県産 紅小玉すいかをどうぞ〜

その名も「ひとりじめ」です。

これならまるごと冷蔵庫で冷やせますし、まるごとでも、半分でも好きな形に切って食べられますね☺

でも私はどちらかというと、メロンです。 メロンもひとりじめ〜(^_^)v

昨年の研修旅行、軽井沢のレストランでの生ハムメロン、素敵だったなあ〜

(軽井沢オーベルジュ ド プリマベーラ)

ありさんより食いしん坊〜 葉っぱ



ひまは、野菜のテリーヌを選択!

影は、レストランのおしゃれな照明〜🎵

ありさんとは、たぶん、、違う種類の満足感でした!

 

2日から行われていた青森ねぶた祭りも、いよいよ夜の海上運行と花火大会を残すのみとなりました。賞をとったねぶたは、観光施設で1年間保存、展示されますが、ほとんどのねぶたは祭り終了後、解体されます。

 

上の写真、LEDライトつきグリーティング・カード「ねぶたのかけら」は、実際に運行したねぶたの彩色和紙を加工して作ったものです。

本格的な照明もありますが、ちょっと手が出ないので、私はこれをねぶた期間中飾って楽しんでます。

 ルビー

 

 

うわ〜きれい🎵

ルビーさん、ステキですね!

 

今年のねぶた大賞は、竹浪比呂央さんの複雑な細工です!

祭りが終わったら、ワラッセに展示され、そして、ねぶたのかけらになるかも?

跳ね人の女性は、腰巻きの長さで、年齢が何となくわかります〜 

定位置に向かって歩いている頃は、まだ明るく、号砲を合図に一斉に鉦太鼓が鳴り響きます。

 

ひま

 

 

 

ねぶたの海上運行です。 お祭りもはじまると、あっという間に終わりですね。

余韻を楽しむ かけらのあかりも素敵(^^)

葉っぱ

73年前の 1945年8月6日も、今年と同じ月曜日。

暑い夏の朝が始まっていた。

 

広島原爆の日、今年も平和記念式典が行われています。

 

今日の絵本 「さがしています」

絵本をひらいて、私たちはさまざまな思いを持ちました。

なかなか出かけて行くことはできないけれど、

絵本を通して、知り学び、また子どもたちへ伝えていくことができます。

これも絵本の大きな力だと思います。

 

たくさんの絵本があります。

大人も目を背けることなく、子どもと一緒に手に取るところから、

平和への思いも繋いでいけるのではないかしら。

葉っぱ

 

ひまです。

今 ねぶた祭り期間中の青森市は、昭和20年7月28日、空襲を受けて一夜にして、焼け野原になりました。

戦争は何時でも、弱い立場の市民が犠牲になります。こちら

 

 

 

 

今日の絵本 「たちねぶたくん」のふるさと

 

五所川原立佞武多が、いよいよ今日から始まります!

 

高さ23メートル、重さ19トン たちぶたくんもびっくりの大きさですね〜

ごしょがわらさんも ヤッテマレ ヤッテマレ〜  8月8日までの開催ですよ〜

今日の絵本「きんぎよがにげた」

あらら、にげてきちゃったかな〜🎵

 

青森ねぶた祭りが始まりました❗

金魚ねぶたが、JR青森駅で、お客様をお出迎え。

 

 金魚ねぶたの由来は、江戸時代から藩の保護のもと飼育、改良された金魚、「津軽錦」がモデルといわれています。元は、竹ひごや針金で形を作り、和紙を貼ったものです。   詳しい説明や作り方は、こちらに

 

青森県立図書館のおはなし会で、以前もらった作り方があったので、作ってみたよ〜

できました❗  めんこいね〜

金魚ねぶたは縁起物だそうですよ✨

葉っぱ

 

 

ルビーです

我が家の金魚ねぶたも、愛嬌あってかわいいでしょう⁉

地元だし、こういう民芸品は自分ではなかなか買わないのですが、昨年頂きました。

針金・和紙製です!

 

 

 

ひまです。

ルビーさんの金魚ねぶたは本格派ですね、めんこい!

あちこちの金魚ねぶたです。

今年は、外の金魚ねぶたが少ないような気がします!

そして、きんぎょがにげた の切手!

郵便局で偶然みつけ、もちろん!即買いしました。

日本の夏はやはり金魚ですね〜🎵


にゃんこです。

福祉ねぶたに関係している方から

折り紙で作った金魚ねぶたを頂きました。

ねぶたのときお客さんに配るのだそうです。

和紙で風船を折り、しっぽとみみ?のひらひらを付け出来上がり!折り紙でできますね。

目は、手芸用のものを貼っています。

でも、何百個も作って祭りに来た方に配ると知り、すごいなあと頭が下がる思いでした。

わたしはこれを車の中に飾っています。

2006年のイベントに絵本の会は、実行委員として参加しました。

夏休みの暑い時期に、お元気だった沢田さんや参加してくれた子どもたちと巨大な絵本に取り組みました。

写真が不鮮明で、残念です。

 

今日の絵本 アフリカの音 を紹介してくれています。多才な方でした!そして、律儀な方でも有りました!

 

  ひま


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM